D-Case部会

活動目的

  • システムの合意形成手法であるD-Caseの普及、研究開発

活動内容

最新の活動内容は、D-Caseホームページをご参照ください。
  • D-Case研究会
  • D-Caseワークショップの開催
  • D-Case研究開発

参加方法

  • D-Case研究会、D-Caseワークショップ
  • D-Case部会
    • D-Case研究開発(仕様策定、ツール開発、D-Caseワークショップ資料作成、評価など)に参加したい方はD-Case部会にご参加ください
    • 当部会は、基本的にDEOS協会会員のみが出席できます
    • 参加を希望される場合は、当協会へのご入会をお願いします

運営メンバ

  • 主査
    • 山本 修一郎(名古屋大学)
    • 松野 裕(日本大学)
  • 副主管
    • 能條 英紀(富士ゼロックス株式会社)

ページのトップへ