技術部会

活動目的

  • DEOS技術への理解や議論を深める
  • 会員企業におけるDEOS活動成果の活用を促進する
  • DEOS各部会の活動を活性化する
  • 将来的にはDEOS関連技術を連携させ、統合させる場とする

活動内容

  • 隔月で部会を開催し、各技術テーマについて議論を行なっています
    • 開催日:奇数月の第3月曜日 17:00~19:00
  • 終了後、DEOS協会に登録されている会員の方へ議論内容のメモを送付いたします
    • 適宜、社内への展開をお願いしております

参加方法

  • DEOS協会会員の方
    • 法人会員に所属の方なら、どなたでも参加可能です
    • 前週までに、DEOS協会に登録されている窓口担当の方に開催メールを送付いたします
    • (窓口担当の方にメールの社内展開をお願いしています)
      • テーマ、場所などは、開催メールをご参照ください
    • 事前の申し込みは不要です
  • 非会員の方
    • 当部会は、基本的にDEOS協会会員のみが出席できます
    • 参加を希望される場合は、当協会へのご入会をお願いします

運営メンバ

  • 主査
    • 山浦 一郎(富士ゼロックス株式会社)
  • 副主査
    • 中川 雅通(パナソニック株式会社)

過去の講演リスト

(敬称略。所属は講演当時のものです)
# 開催日 技術テーマ 概要 講演者 所属
第13回 2018/7/23 DEOSプロセス IEC62853 での合意形成について解説 武山 誠 神奈川大学
第12回 2018/5/21 DEOSプロセス 「IEC 62853 のインダストリー分野への展開にむけて」の説明 田丸 喜一郎 独立行政法人 情報処理推進機構
第11回 2018/3/19 D-Case 「初めてのD-Case」の目次にそった内容の紹介 松野裕 日本大学
第10回 2018/1/15 DEOSプロセス IPA発刊の「つながる世界の開発指針」との比較検討について説明、議論 山浦 一郎
中川 雅通
富士ゼロックス株式会社
パナソニック株式会社
第9回 2017/11/20 DEOSプロセス 11/21のDEOSシンポジウムにて講演予定の「初めての62853」チュートリアルの内容を中心に、IEC62853 に関して解説 森田 直 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
第8回 2017/9/25 DEOSプロセス 策定中のIEC62853 での変化対応について、その意図等を解説 武山 誠 神奈川大学
第7回 2017/7/25 D-Case D-Caseを実際に記述する際の具体的なステップや、GSNの使い分けについて解説 松野 裕 日本大学
第6回 2017/5/15 DEOSプロセス 策定中のIEC62853 での障害対応について、国際標準での文言の意図および国際標準を実装するために必要な選択・決定事項について解説 武山 誠 神奈川大学
第5回 2017/3/27 DEOSプロセス 策定中のIEC62853 での説明責任達成について、国際標準での文言の意図および国際標準を実装するために必要な選択・決定事項について解説 武山 誠 神奈川大学
第4回 2017/1/15 D-Case D-Case記述時の課題と対策、分散型D-Case記述とツール、D-Case適用事例の解説 松野 裕 日本大学
第3回 2016/11/21 D-ADD 認証部会で検討中のD-ADD の認証の議論、およびシンポジウムで説明する「はじめてのD-ADD」の紹介 高村 博紀 株式会社アトリエ
第2回 2016/9/26 DEOSプロセス 国際標準化(IEC62853)の取組み、DEOS プロセスに関しての解説 武山 誠 神奈川大学
第1回 2016/7/25 D-Case 初心者に向けて検討中のD-Caseの記述ステップガイドの解説 松野 裕 日本大学

ページのトップへ